メールマガジン登録はこちら個人会員専用ページログインEnglish
Topへ

日本ゴム協会誌目次 2000年73巻
日本ゴム協会誌目次 2000年73巻

日本ゴム協会誌 2000年 第73巻 目次

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月目次TOP

2000年1月 目次

日本ゴム協会誌 第73巻 第1号(2000)
Journal of The Society of Rubber Industry, Japan Vol. 73, No. 1(2000)
あいさつ年頭のあいさつ奥山 通夫3
新年のご挨拶海崎洋一郎5
資 料
エラストマーのひずみエネルギー密度関数の解析
Analysis of Strain Energy Density Function of Elastomers
河村 幸伸
浦山 健治
粷谷 信三
深堀 美英
Takanobu Kawamura
Kenji Urayama
Shinzo Kohjiya
Yoshihide Fukahori 
6
レオロジー入門者のための文献の読み方
Guide for Beginners on How to Read Literature on Rheology
中島 伸之
Nobuyuki Nakajima
14
ニューラルネットワークを用いたタイヤ接地特性の最適化
Optimization of Tire Contact Performance by Neural Network
中島 幸雄
門脇 弘
Yukio Nakajima
Hiroshi Kadowaki
18
参加記第12回エラストマー討論会研究発表の概要山田 英介25
研究論文
ハロゲン化ブチル/天然ゴムブレンドの動的加硫
Dynamic Vulcanization of Halogenated Butyl Rubber/Natural Rubber Blend
皆川 康久
中原 章裕
井上 隆
Yasuhisa Minagawa
Akihiro Nakahara
Takashi Inoue
28
水槽の地震応答解析とモデル水槽による検証
Numerical Analyses of a Model Water Tank under Strong Earthquake Loadings And Their Experimetal Verification
関 亙
箕輪 親宏
豊嶋 学
Wataru Sek
Chikahiro Minowa
Manabu Toyoshima
36
Effect of Sliding Speeds on the Friction and Wear of Pattern Abrasion of RubberTomoaki Iwai
Yoshitaka Uchiyama
38
含フッ素コオリゴマーによる合成ゴムの高性能化第2報 含フッ素コオリゴマーによるFKM/EPDMブレンド
Improvement in Properties of Rubber with Co-oligomer Containing Fluorine Atom, Part2. FKM/EPDM Blends with Co-oligomer Containing Fluorine Atom
山田 英介
稲垣 愼二
Eisuke Yamada
Shinji Inagaki
48
ノート
靴底の滑り試験機の開発
Development of Shoe-sole Slip Meter
田上 朝朗
原 佐保里
井上 良夫
佐藤 省吾
秋葉 光雄
山口 幸一
Tomoaki Tagami
Saori Hara
Yoshio Inoue
Shouogo Satou
Mitsuo Akiba
Kouichi Yamaguchi
54
ゴムの加硫剤・加硫促進剤の研究第7報 硫黄含有加硫剤の熱的挙動
The Thermal behaviors of Sulfur-containing Curing Agents
松村 澄子
秋葉 光雄
Sumiko Matsumura
Mitsuo Akiba
56
次号予告2月特集号「環境時代へのタイヤ技術」キーワード解説 編集委員会 60

2000年2月 目次

日本ゴム協会誌 第73巻 第2号(2000)
Journal of The Society of Rubber Industry, Japan Vol. 73, No. 2(2000)
特 集「環境時代へのタイヤ技術」
「環境時代へのタイヤ技術」特集号企画にあたって
編集委員会65
自動車騒音規制の動向等について
Trends in Motor Vehicle Noise Regulations
上岡 一雄
kazuo Kamioka
66
タイヤ/路面騒音の発生メカニズムと路面による発生騒音の変化
Generation Mechanisms of Tire/Road Noise and Noise Variation Due to Road Surface
押野 康夫
Yasuo Oshino
71
タイヤ/道路騒音の低減技術
Technology on Reduction of Tire/Road Noise
中島 幸雄
Yukio Nakajima
77
タイヤ/道路騒音の計測技術
Tire/Road Noise Measuring Method
中島 徳三
Tokuzo Nakajima
84
転がり抵抗低減のための構造技術
Tire Design Technology for Reduction of Rolling Resistance
加部 和幸
信田全一郎
kazuyuki Kabe
Zenichirou Shida
90
排水性舗装による自動車走行騒音の低減
Road Vehicle Noise Reduction by Drainage Asphalt Pavement
三上 哲夫
Tetsuo Mikami
97
転がり抵抗低減のための材料技術
Material Technologies for a Reduction of Rolling Resistance
村松 凌
高橋 英明
Ryo Muramatsu
Hideaki Takahashi
103

2000年3月 目次

日本ゴム協会誌 第73巻 第3号(2000)
Journal of The Society of Rubber Industry, Japan Vol. 73, No. 3(2000)
資 料
第47回ISO/TC45国際会議・審議結果(報告)
Report on the 47th ISO/TC 45 Meeting in Budapest
三橋 健八
Kenhachi Mitsuhashi
113
環境に配慮したEPDMの新技術
New Environment Considered Technology of EPDM
川崎 雅昭
Masaaki Kawasaki
116
参加記天然ゴムのふるさと故郷アマゾンを訪ねて
−アマゾン国際ゴム会議参加記−
池田 裕子123
入門講座第9講:加工技術―華麗なる変身― 編集委員会 131
研究論文
せん断流動場反応制御技術によるゴムの連続再生第7報
再生ゴムをブレンドしたポリプロピレン樹脂の相構造と力学特性
Continuous Devulcanization by Shear flow Stage Reaction Control Technology for Rubber Recycling, Part 7 Morphology and Mechanical Properties of Polypropylene/Reclaimed EPDM Rubber Blend
毛利 誠
佐藤 紀夫
岡本 浩孝
松下 光正
Makoto Mouri
Norio Sato
Hirotaka Okamoto
Mitsumasa Matsushita
福森 健三
竹内 勝政
鈴木 憲之
大脇 雅夫
Kenzo Fukumori
Katsumasa Takeuchi
Noriyuki Suzuki
Masao Owaki
138
ゾル‐ゲル法によりSBRラテックス中で合成したシリカの粒子径と補強効果に及ぼす反応条件の影響
Study on the Effect of Reaction Conditions for In Situ Silica Reinforcement Of Styrene-Butadiene Rubber by Sol-Gel Process in the Latex
吉海 和正
大崎 徹郎
末吉 梓
Kazumasa Yoshikai
Tetsuro Ohsaki
Azusa Sueyoshi
144
プラスチック−ゴム複合材料の力学特性
Mechanical Properties of a Plastic-Rubber Composite Material
飯塚 博
国井 剛
林 彰紀
加部 和幸
Hiroshi Iizuka
Takeshi Kunii
Akinori Hayashi
Kazuyuki Kabe
152
反応末端を有する液状イソブチレン樹脂とアモルファスポリアミドとのブレンド
Blends of Liquid-isobutylene Resin Having Terminal Alkoxysilyl Groups and Amorphous Polyamide
後藤慎一郎
山本 統平
山下 晋三
Shinichiro Goto
Tohei Yamamoto
Shinzo Yamashita
159
次号予告4月特集号「ゴムの接着」キーワード解説 編集委員会165

2000年4月 目次

日本ゴム協会誌 第73巻 第4号(2000)
Journal of The Society of Rubber Industry, Japan Vol. 73, No. 4(2000)
特 集「ゴムの接着」
「ゴムの接着」特集号企画にあたって
編集委員会171
ゴムと異種材料の間接接着
Indirect Bonds of Rubber-Metals and Other Rigid Substrates
飯泉 信吾
Shingo Iizumi
172
ゴムと金属との接着
Adhesion of Rubber to Metal
池田 能幸
Yoshiyuki Ikeda
180
積層ゴムと接着
Adhesion of Rubber Bearings
末安 知昌
Tomoaki Sueyasu
188
反応性ホットメルト接着剤
Reactive Hot Melt Adhesives
若林 一民
Kazutami Wakabayashi
196
環境に配慮したCRラテックス系接着剤
CR Latex Adhesives Providing Less Environmental Pollution
浅野 邦彦
Kunihiko Asano
202
欧州の水系接着剤の動向
Trends of Water Based-Adhesives in Europe
山口 幸一
Koichi Yamaguchi
208
ユーザーから見た接着の課題と要望
Problems and Demands of Adhesion Technology Looked at from a User
原賀 康介
Kosuke Haraga
215

2000年5月 目次

日本ゴム協会誌 第73巻 第5号(2000)
Journal of The Society of Rubber Industry, Japan Vol. 73, No. 5(2000)
資 料
圧縮空気地下貯蔵発電(CAES-G/T)の圧縮空気貯蔵施設に適用する気密材の特性について
Performance and Characteristics of Air-Tight Sealing Material used in CAES-G/T Air Storage Cavern
西本 吉伸
燒リ 慎悟
粷谷 信三
黒田 重徳
Yoshinobu Nishimoto
Shingo Takagai
Shinzo Kohjiya
Shigenobu Kuroda
225
天然ゴム系粘着剤における相溶性、粘弾性と粘着特性の関係
Relationship of Miscibility,Viscoelasticity and Performance of Natural-Rubber-Based PSAs
藤田 美知子
Michiko Fujita
223
入門講座第10講:−加工技術 混練り−編集委員会 240
研究論文
アモルファスポリアミドとゴムとのブレンド
Blends of Amorphous Polyamide and Various Rubber
後藤慎一郎
山本 統平
山下 晋三
Shinichiro Goto
Tohei Yamamoto
Shinzo Yamashita
247
廃農業用フィルムのマテリアルリサイクルの研究 第2報
廃農業用塩ビフィルムのマテリアルリサイクル
Studies of Material Recycling of Waste Agricultual Film, Part 2 Material Recycling of Waste Agricultural PVC Film
田上 朝朗
石丸 暁
近藤 武志
今井 修二
Tomoaki Tagami
Satoshi Ishimaru
Takeshi Kondo
Shuuji Imai
鮫島 博
秋葉 光雄
増井 弘美
Hiroshi Samejima
Mituo Akiba
Hiromi Masui
254
ゴムの加硫剤・加硫促進剤の研究第8報
環状ヘキサスルフィドによる含ハロゲンゴムの加硫
Studies of Vulcanizing Agent and Vulcanization Accelerator, Part 8 Vulcanization of Halogen-Containing Rubber with Cyclohexasulfide
石田 健哲
近藤 武志
今井 修二
鮫島 博
秋葉 光雄
Takenori Ishida
Takeshi Kondo
Shuuji Imai
Hiroshi Samejima
Mitsuo Akiba
259
スタッドレスタイヤの氷路摩擦特性に関する研究第3報
スタッドレスタイヤの氷路特性とμ−S曲線の関係
Study on the Frictional Property of Studless-Tires on Icy Roads, Part 3 Relationship between the Frictional Property of Studles-Tires on Icy Roads and the Friction Coefficient-Slip Ratio Curves
三橋 健八
伊賀 聖二
池田 俊之
Kenhachi Mitsuhashi
Seiji Iga
Toshiyuki Ikeda
橋本 佳昌
広木 栄三
飯田 一
Yoshiyuki Hashimoto
Eizou Hiroki
Hajime Iida
267
速 報
分子配向下で結晶化させた天然ゴム薄膜の時間分解その場TEM観察
In situ TEM Observation of Natural Rubber Thin Films Crystallized under Molecular Orientation
清水 敏喜
登阪 雅聡
辻 正樹
粷谷 信三
Toshiki Shimizu
Masatoshi Tosaka
Masaki Tsuji
Shinzo Kohjiya
274
ノート
ゴムの加硫に関する研究第5報 NBRに対する各種加硫促進剤の加硫性能の導電率測定による評価
Study on Vulcanization of Rubber, Part 5 Evaluation of Accelerators for NBR by the Conductivity Measurement during Vulcanization
森 哲夫
権藤 豊彦
坂口雄一郎
Tetsuo Mori
Toyohiko Gondoh
Yuichiro Sakaguchi
松岡友貴子
藤 道治
Yukiko Matsuoka
Michiharu Toh
277
次号予告6月特集号「ゴムの配合」キーワード解説編集委員会279

2000年6月 目次

日本ゴム協会誌 第73巻 第6号(2000)
Journal of The Society of Rubber Industry, Japan Vol. 73, No. 6(2000)
特 集「ゴムの配合」
「ゴムの配合」特集号企画にあたって
編集委員会285
高性能エラストマーの開発におけるゴム配合技術の進歩
Progress in Compounding Technology for Development of High Performance Elastomers
山下 晋三
Shinzo Yamashita
286
フッ素ゴムの配合
Formulation of Fluoroelastomer
徳平 勝貞
Katsusada Tokuhira
298
エピクロルヒドリン系および塩素化ポリエチレン系ゴムの架橋と配合技術
Vulcanizations and Formulations of Epichlorohydrin Rubber
山田 聿男
Nobuo Yamada
307
熱可塑性エラストマーの配合技術
Compound Technology of Thermoplastic Elastomer
秋葉 光雄
Mitsuo Akiba
315
ブレンドゴムにおける相容化剤としてのブロック共重合体
Block Copolymer as a Compatibilizer on Rubber Blends
川面 哲司
Tetsuji Kaazura
323
自動車用防振ゴムと配合について
Rubber Vibration Isolater and Compounding Formula for Automobile
宇都木宏之
小薬 次郎
Hiroyuki Utsugi
Jirou Kogusuri
330
医療とゴム配合
Medicine and Rubber Compound
吉川 隆造
五十嵐正利
Ryuzo Yoshikawa
Masatoshi Igarashi
339

2000年7月 目次

日本ゴム協会誌 第73巻 第7号(2000)
Journal of The Society of Rubber Industry, Japan Vol. 73, No. 7(2000)
総会報告第67回通常総会にあたって奥山 通夫351
第12回日本ゴム協会賞審査報告奥山 通夫352
第12回日本ゴム協会賞受賞者報告 353
第38回ゴム技術有功賞受賞者選定報告 354
第47回優秀論文賞審査報告佐藤 壽彌355
第47回優秀論文賞受賞者報告 356
第55回ゴム技術進歩賞審査結果報告古川 睦久358
第55回ゴム技術進歩賞受賞者報告 359
第22回オーエンスレーガー賞審査報告西 敏夫360
第22回オーエンスレーガー賞受賞者報告  361
資 料
カーボンブラック並びに機能性カーボンブラック
Carbon Black and Functional Carbon Black
久 英之
Hideyuki Hisashi
362
ゴム、プラスチックスの物性理論について
Thermodynamic Theory of Rubber and Plastics
古川 淳二
Junji Furukawa
371
シリカ表面処理カーボンブラックについて
Characterization of the Silica Treated Carbon Black
川面 哲司
Tetsuji Kawazura
379
カーボンブラックによるゴム物性の改良
Improvement of Rubber Property by Carbon Black
榊原 明弘
牧野 真一
Akihiro Sakakibara
Shinichi Makino
385
研究論文
環状ジスルフィドの熱重合と生成ポリマーの粘弾性挙動
Thermal Polymerization of Cyclic Disulfides and Viscoelastic Behavior of The Resulting Polymers
圓藤紀代司
城居 知次
村田 直紀
Kiyoshi Endo
Tomotsugu Shiroi
Naoki Murata
392
動的粘弾性によるSBR明色配合ゴムの耐候劣化に関する研究
Degradation of SBR Vulcanizates Subjected to Weathering Test:Changes in Dynamic Viscoelasticity
長野 悦子
西本 一夫
Etsuko Nagano
Kazuo Nishimoto
399
せん断流動場反応制御技術によるゴムの連続再生第10報b 使用済みゴムの高速識別技術
Continuous Devulcanization by Shear Flow Stage Reaction Control Technology for Rubber Recycling, Part 10. Rapid Identification of Waste Rubbers
村瀬 篤
佐藤 紀夫
Atsushi Murase
Norio Sato
405
次号予告8月特集号「熱問題―解析と対策」キーワード解説編集委員会410

2000年8月 目次

日本ゴム協会誌 第73巻 第8号(2000)
Journal of The Society of Rubber Industry, Japan Vol. 73, No. 8(2000)
特 集「熱問題−解析と対策」
「熱問題−解析と対策」特集号企画にあたって
編集委員会415
粘弾性体の振動と発熱
Interaction between Vibration and Heat Generation in the Viscoelastic Material
佐藤 美洋
Yoshihiro Sato
416
タイヤの発熱解析
Thermal Analysis of a Tire
中島 幸雄
Yukio Nakajima
423
タイヤ走行時の内部温度測定
Measurement of Tire Temperature Distribution During Travel
加賀美公彦
藤川 達夫
Kimihiko Kagami
Tatsuo Fujikawa
430
クランク軸用ねじりダンパの発熱と制振性能
The Heat Problem and the Performance of the Crankshaft Torsional Damper
岡村 宏
Hiroshi Okamura
435
ゴム練りにおける発熱・伝熱の問題
Problems of Heat Generation and Heat Transfer of Rubber Mixing in Internal Mixers
藤 道治
Michiharu Toh
442
免震用積層ゴム支承の加硫時の熱解析
Thermal Analysis of Rubber Isolators in Curing Process
関  亙
Wataru Seki
450
高分子の熱物性の測定
Thermal Conductivity and Diffusivity Measurement of Polymer
濱田 幸弘
Yukihiro Hamada
457

2000年9月 目次

日本ゴム協会誌 第73巻 第9号(2000)
Journal of The Society of Rubber Industry, Japan Vol. 73, No. 9(2000)
資 料
記号のPRTR法(化学物質管理促進法)への対応
Implementation of Pollutant Release and Transfer Registers Law
大歳 幸雄
Sachio Otoshi
接着剤とPRTR
Adhesives and Pollutant Release and Transfer Registers Law
若林 一民
Kazutami Wakabayashi
ゴム薬品,ゴムマスターバッチとPRTR
Rubber Materials adn Compounds in Japanese Pollutant Release and Transfer Registers Law
加藤 進一
Shinichi Kato
入門講座第11講:加工技術−加硫−;ゴム製品に命を吹き込む 編集委員会
閑話休題高齢者(平均約80歳)が協力しマスターズ水泳大会リレーで世界新記録を樹立
福原 節雄
Setsuo Fukuhara
研究論文
籾殻炭のゴム補強材への利用
Rubber Reinforcements by Carbonized Chaff Powder
山下 義裕
川端 季雄
長岡 宣雄
Yoshihiro Yamashita
Sueo Kawabata
Nobuo Nagaoka
表面改質によるポリウレタンの高次構造の制御と摩擦・摩耗特性に関する研究 第2報 ポリメリックMDI(PMDI)によるポリウレタンの表面改質
Controlling of Higher Order Strucure and Friction/Abrasion of Polyurethane by Surface Modefication, Part 2. Surface Modification of Polyurethane Elastomers by Polymeric MDI
古川 睦久
岡崎 貴彦
椎葉 哲朗
Mutsuhisa Furukawa
Takahiko Okazaki
Tetsuro Shibata
端部に高引裂材を用いた積層ゴム支承の圧縮下での静的および疲労せん断挙動
Static and Fatigue Shear Characteristics of Rubber-Metal Laminated Bearings Partially Using High Tearing Ruvver at Their Edge under Compression
大窪 和也
黒田 進
藤井 透
Kazuya Okubo
Susumu Kuroda
Toru Fujii
Q&A粘弾性の温度依存性でtanδが急に大きくなる(ピークを持つ)のはなぜですか。編集委員会
紹介記事CR用老化防止剤について(2)大内新興化学工業(株)

2000年10月 目次

日本ゴム協会誌 第73巻 第10号(2000)
Journal of The Society of Rubber Industry, Japan Vol. 73, No. 10(2000)
特 集「ゴム材料に関するトラブル事例とその対策」
「ゴム材料に関するトラブル事例とその対策」特集号企画にあたって
編集委員会
ゴム材料から発生するトラブルと評価解析技術
Trouble Shoot of Rubber Products
佐藤 美洋
Yoshihiro Sato
シリコーンゴムにおけるトラブル事例とその対策
Case Srudies of Silicone Rubber Fabrication Troubles and Countermeasures
中島 幸雄
Yukio Nakajima
フッ素ゴムのトラブル事例とその対策
Troubleshooting of Fluoroelastomer
長沢 明
Akira Nagasawa
NBR, HNBRにおけるトラブル事例とその対策
Troubleshooting of NBR and HNBR
小松 啓祐
Keisuke Komatsu
アクリルゴムにおけるトラブル事例とその対策
Countermeasures Against Technical Problems of Polycrylic Rubber
窪田 伊三男
Isao Kubota
熱可塑性エラストマーにおけるトラブル事例とその対策
Truouble Instances and Their Countermeasures of Thermoplastic Elastomers
伊藤 雄一
Yuichi Ito
紹介記事EPDM/NBRブレンドに対する加硫促進剤の基礎性能(1) 大内新興化学工業(株)

2000年11月 目次

日本ゴム協会誌 第73巻 第11号(2000)
Journal of The Society of Rubber Industry, Japan Vol. 73, No. 11(2000)
資 料
誘導加熱方式の免震積層ゴム加硫装置の開発
Development of Curing Device for Laminated Rubber Bearing Using Inductive Heating
福元 裕彦
Hirohiko Fukumoto
ポリウレタン弾性繊維の構造と力学的性質
Structure and Mechanical Properties of Polyurethane Elastic Fibers
大村 重吉
堀中 亮司
Jukichi Ohmura
Ryoji Horinaka
高性能繊維の現状と将来
Developments and Outlook of High Performance Fibers
西野 孝
中前 勝彦
Takashi Nishino
Katsuhiko Nakamae
入門講座
第12講:架橋ゴムの試験
Troubleshooting of Fluoroelastomer
編集委員会
研究論文
ゴム系複合体の粘弾性と接着強さ
Viscoelastic Properties of Rubber Composite and its Adhesive Strength
林 元雨
Won Woo Lim
架橋密度が補強ゴムのひずみエネルギー密度関数へ与える効果
The Effect of the Cross-Link Density on the Strain Energy Density Function of the Reinforcement Rubber
山下 義裕
川端 季雄
Yoshihiro Yamashita
Sueo Kawabata
せん断流動場反応制御技術によるゴムの連続再生 第8報
過酸化物架橋EPDMの再生条件と加硫再生ゴム物性
Continuous Devulcanization by Shear Flow Stage Reaction Control Technology for Rubber Recycling, Part8. Devulcanization Condition for Peroxide-Crosslinked EPDM and Mechanical Properties of Sulfur-Crosslinked Reclaimed Rubber
毛利 誠
佐藤 紀夫
岡本 浩孝
松下 光正
福森 健三
本多 秀亘
竹内 勝政
大塚 繁樹
鈴木 康之
Makoto Mouri
Norio Sato
Hirotaka Okamoto
Mitsumasa Matsushita
Kenzo Fukumori
Hidenobu Honda
Katsumasa Takeuchi
Shigeki Otsuka
Yasuyuki Suzuki
Q&A動的損失(tanδ)は応力の波とひずみの波の位相差(δ)から計算されます。応力とひずみのどちらの波の位相が先行しているのでしょうか。またそれはなぜですか。編集委員会
紹介記事EPDM/NBRブレンドに対する加硫促進剤の基礎性能(2) 大内新興化学工業(株)

2000年12月 目次

日本ゴム協会誌 第73巻 第12号(2000)
Journal of The Society of Rubber Industry, Japan Vol. 73, No. 12(2000)
資 料
架橋ゴムの高品位リサイクル技術
High-quality Recycling Technology for Vulcanized Rubbers
毛利 誠
Makoto Mouri
高純度天然ゴムの物性
Physical Properties of Highly Purifiled Natural Rubber
河原 成元
Eng Aik Hwee
Seiichi Kawahara
積層繊維ゴム緩衝ピンを有する落橋防止連結板装置の開発
Experimental Study on the Effect of Fiber Reinforced Rubber-Rolled Pin of the Bridge Restrainer Plate System
生駒 信康
Nobuyasu Ikoma
入門講座 第13講:未加硫ゴムの試験方法 編集委員会
研究論文
せん断流動場反応制御技術によるゴムの連続再生第9報 マレイン酸変性を伴う加硫ゴムの脱硫反応
Continuous Devulcanization by Shear Flow Stage Reaction Control Technology for Rubber Recycling, Part 9. Devulcanization and Chemical Modification with Maleic Anhydride of Sulfur Cured Rubber by Shear Flow Stage Reactor
岡本 浩孝
佐藤 紀夫
毛利 誠
松下 光正
福森 健三
Hirotaka Okamoto
Norio Sato
Makoto Mouri
Mitsumasa Matsushita
Kenzo Fukumori
混練り方法の相違が補強ゴムのひずみエネルギー密度関数へ与える効果
The Effect of Mixing Method on the Strain Energy Density Function of Carbon Black Reinforced Rubber
山下 義裕
川端 季雄
Yoshihiro Yamashita
Sueo Kawabata
ゾル-ゲル法を利用してSBRラテックス中で合成したシリカのバウンドラバー形成と補強効果
tudy on the Formation of Bound Rubber and Reinforcing Behavior of Silica Prepared by Sol-Gel Process in the Latex
吉海 和正
末吉 梓
大普@徹郎
Kazumasa Yoshikai
Azusa Sueyoshi
Tetsuro Ohsaki
Q&A動的損失(tanδ)は応力の波とひずみの波の位相差(δ)から計算されます。応力とひずみのどちらの波の位相が先行しているのでしょうか。またそれはなぜですか。編集委員会
紹介記事NR配合における各種加硫系の加硫戻りについて大内新興化学工業(株)