メールマガジン登録はこちら個人会員専用ページログインEnglish
Topへ

沿革
沿革

名  称 一般社団法人 日本ゴム協会
(THE SOCIETY OF RUBBER SCIENCE AND TECHNOLOGY, JAPAN)
所在地 〒107-0051 東京都港区元赤坂1-5-26 東部ビル1F
TEL (03)3401-2957(代)
FAX (03)3401-4143
E-Mail srij@srij.or.jp
明治時代に日本におけるゴム工業が始まり、1920年代にはゴム工業が確立した。この時期に、関東・関西でゴム技術の発展、技術者の養成の場として、ゴムに関する協会の設立が検討され、1927年(昭和2年)12月、関西に「日本護謨協会」が設立された。翌1928年(昭和3年)4月には、関東に「東京護謨懇話会」が設立され、その後1930年(昭和5年)には「護謨協会」と改称された。日本のゴム工業界に目的を同じくする団体が二つもあることは、不合理といわざるを得ず、ゴム技術分野においても損失であるとの意見があり、1932年(昭和7年)、東西の協会が合体して日本で最初の高分子に関する学会として「日本護謨協会」が誕生した。

日本ゴム協会の沿革

1932年 (昭和07) 01.31 日本護謨協会が発足し、関東、関西支部設置。初代会長 田中芳雄。「日本護謨協会誌」を発刊した。
1933年 (昭和08)04. 第1回定時総会開催、会員総数約500名
1935年 (昭和10)12. 「ゴム工業ポケットブック」出版
1937年 (昭和12)03. 社団法人化
1942年 (昭和17)11. 「ゴム工業技術講座」出版
1943年 (昭和18)05. ゴム技術進歩賞を制定
1944年 (昭和19)1. 「日本ゴム協会」に改称
1948年 (昭和23)11. 九州支部設置
1949年 (昭和24)02. 「ゴム工業便覧」出版
1953年 (昭和28)11. 優秀報文賞を制定
1957年 (昭和32)10. オーエンスレーガ-賞を制定
1961年 (昭和36)06. 第1回夏期講座開講
1962年 (昭和37)05. 東海支部設置
1963年 (昭和38)03. ゴム技術有功賞を制定
1975年 (昭和50)10. 国際ゴム技術会議(IRC 75 TOKYO)開催
1978年 (昭和53)05. 科学技術奨励金を制定
1983年 (昭和58)04. 「ゴム技術の基礎」出版
1985年 (昭和60)10. 国際ゴム技術会議(IRC 85 KYOTO)開催
1987年 (昭和62)12. 第1回エラストマー討論会開催
1995年 (平成07) 10. 国際ゴム技術会議(IRC 95 KOBE) 開催
2002年 (平成14)03. 現在正会員2253名 賛助会員376社
2005年 (平成17)10. 国際ゴム技術会議(IRC 05 YOKOHANA)開催
2012年 (平成24)04. 一般社団法人への移行