講座概要

今あるゴム技術をいかに守り展開させるか

自動車産業などでの技術革新、環境問題、IT技術の進歩により、ゴム業界を取り巻く環境が激しく変化しています。そのような中で、「今あるゴム技術をいかに守り展開させていくのか」について常に考えておく必要があります。本夏期講座では「ゴム技術の守りと展開」を主テーマに、「中堅・中小ゴム企業の取り組みと強み」に関する経営者による講演とパネルディスカッション、「ポジティブリスト制度」による今後のゴム業界への影響に関する講演と質疑応答、という2つの特別企画を設けました。また、参加者の皆様がゴムの開発・製造に必要不可欠な情報を得ながら、今あるゴム技術の守りと展開について考えることができるように、ゴム練り、成形加工、機能性ゴム、コンポジット、接合、シミュレーション、リサイクル、国際標準化、トラブル対策、自動車・生活関連分野での動向、など幅広い分野での講演を企画しました。
さらに29日(火)の夕方には、同会場にて講師の先生方を囲んでの交流会を行います。多くの皆さまのご参加をお待ちしております。


会期

2021年6月29日(火)・30日(水)


会場

講   座
:タワーホール船堀 5階「小ホール」
交 流 会
:タワーホール船堀 2階「瑞雲」
アクセス
:東京都江戸川区船堀4-1-1
 ※都営新宿線「船堀」駅より徒歩1分
 https://www.towerhall.jp/4access/access.html

ZOOMウェビナーによるオンラインとのハイブリッド形式で開催いたします(講座のみ)。


定員

130名(タワーホール船堀)
定員になり次第締め切り、オンラインによるご参加をご案内させていただきます。予めご了承ください。


協賛団体

主   催
:一般社団法人日本ゴム協会
協   賛
(予定)
:高分子学会、自動車技術会、石油学会、繊維学会、日本化学会、日本機械学会、日本合成樹脂技術協会、日本材料学会、日本接着学会日本、日本トライボロジー学会、日本複合材料学会、日本レオロジー学会、プラスチック成形加工学会、マテリアルライフ学会 (順不同)


連絡先

〒107-0051 東京都港区元赤坂1-5-26東部ビル
一般社団法人日本ゴム協会 第55回夏期講座係
TEL:03-3401-2957
E-mail:office@srij.or.jp