第39回サタデーセミナーのご案内(6/6)
関西支部

昭和54年(1979年)に発足しました“サタデーセミナー”は、毎回皆様方の熱心なご参加をいただき、今年度で第39回を数えることになりました。今回は、新しいゴム材料であるトチュウエラストマーとシクロペンテンゴム、ロタキサンやニトルオキシドを用いたゴムの機能化と強靭化、タイヤなどの耐久性ゴム材の破壊力学と高強度化、ゴム練りなどの成形加工性評価やその規格化状況、自動車用ゴム材料の選定・配合と熱劣化評価・予測、解体性接着技術の最近の状況などに関して、各分野の最前線でご活躍の講師の方々からご講演していただきます。これらの話題をじっくりと伺える良い機会と存じます。
また、講演終了後には講師を囲んでの懇談会を設けています。一層の情報交換と交流を深めていただきますよう期待しております。下記ご参照のうえ、奮って参加申し込みくださいますようご案内いたします。

詳細一覧
2017/10/072017/12/022018/02/032018/04/072018/06/022018/08/04
日 時

平成29年10月,12月 平成30年2月,4月,6月,8月 各第1土曜日 計6回
午後1時〜5時(講演) 5時〜6時(質疑及び懇談)

場 所

電子会館 4階会議室
大阪市北区西天満6−8−7(地図で別途ご案内)

参加費

75,600円(年間資料費;消費税を含む)
1社で毎回2名まで参加できます

2018/08/04
「ゴム企業各社における高性能化への取り組み」
(T)「ゴム・エラストマーの破壊力学と高強度化の取り組み」
講師 株式会社ブリヂストン
中央研究所
フェロー(部長) 角田 克彦 氏
講述要旨

タイヤ、防振ゴム、産業用ホース等のゴム材料は、低燃費性、耐久性、耐熱性等、高機能化、高付加価値化が更に進められているが、これらの多くは耐久消費材であり、破壊物性の向上は、未だ最大の関心事の一つである。本講演では、ゴム材料への破壊力学の導入および理論構築の歴史、基本概念を簡単に述べ、それらの本質的な課題を説明する。また現在、取り組んでいる高強度化も簡単に紹介する。

(U)「新規エラストマー“シクロペンテンゴム”の開発」
講師 日本ゼオン株式会社 総合開発センター
新材料開発研究所
主任研究員 奥野 晋吾 氏
講述要旨

シクロペンテンを開環メタセシス重合することで、「直鎖構造」と「全末端変性」という特徴的な分子構造を持った、新規エラストマー「シクロペンテンゴム」を開発した。このゴムはその直鎖構造により、-110℃程度のガラス転移温度を持ち、全末端変性によって、シリカやカーボンブラックとの親和性が向上する。本講演では、このゴムの各種の評価内容(基礎物性、防振、タイヤ等)を説明する。

問合先

一般社団法人 日本ゴム協会 関西支部 事務局
〒577-0011 東大阪市荒本北1−5−55
TEL: 06-6744-2150,FAX:06-6744-2052
E - mail:srijwest@oak.ocn.ne.jp

申し込み用紙[PDF]