研究発表要領

研究発表は、より有意義な討論を目指す目的で、以下の発表形式といたします。多数のご発表をお待ちしております。


研究発表

研究発表は口頭発表(若手・一般)形式で行う予定です(協会誌8月号で改めてご案内いたします)。発表言語は英語または日本語とします。
なお、若手は発表件数に制限がありますので、お早めにお申し込みください。


発表内容

ゴム・エラストマー・ソフトマテリアルに関するものであれば構いません。また、既発表のものを含んでいても差し支えありませんが、十分に討論する価値のあることが必要です。


発表テーマの選択について

今回の発表は、以下の3つの方法で行います。

1)従来どおりの方法での発表

以下の適切なテーマをお選びください。 ①合成・重合,②構造,③物性,④分析法・解析評価法,⑤新材料,⑥ナノテクノロジー,⑦シミュレーション,⑧熱可塑性エラストマー,⑨配合,⑩練り,⑪成形加工,⑫接着・粘着,⑬金型,⑭劣化・寿命・信頼性,⑮トライボロジー,⑯リサイクル・グリーンケミストリー,⑰衛生・アレルギー・ヘルスケア,⑱エネルギー関連,⑲その他,⑳新製品・新技術紹介

2)トピックテーマでの発表

上記の発表とは別に「ゴム構造解析のための分析方法」と「ゴムの練り・配合技術の最新情報」をトピックテーマとしたセッションを設け、特定のテ ーマに特化した討論を行います。
このセッションでの発表を希望される際、申込時にその旨ご記入ください。

  • この発表セッションは一般発表のみとなります。若手発表は対象となりません(若手発表は、上記「1)従来どおりの方法」のテーマからお選びください)。
  • 「1)従来どおりの方法」でお申込みいただいた一般発表でも「2)トピックテーマ」発表に変更させていただくこと、またはその逆の変更がございますことをご了承ください。

3)英語セッションでの発表

今回も「英語セッション」を設置いたします。
英語でご発表される方は、このセッションを選択ください。


口頭発表

口頭発表はオンライン形式(ZOOMを使用)で行います。発表方法の詳細につきましては、プログラム確定後、発表者にお知らせいたします。また、適宜最新情報をこちらのホームページに掲載いたします。


口頭発表の時間

1件あたり20分(発表14分、討論6分)の予定です。関連ある継続発表を希望する際は、その順序を1,2とご記入ください(若手と一般を継続することはできません)。


発表者は日本ゴム協会会員(正会員・学生会員)であることが必要です。


研究発表の申込み要領

2021年8月25日(水)までに「研究発表申込」ページからお申込みください。


発表申込み受理

  1. 発表申込みの採否およびプログラム編成はエラストマー討論会運営委員会にご一任ください。
  2. 申込みを受理されたものについては予稿原稿の書き方を申込者あてにお送りいたします

予稿原稿

  1. 予稿原稿の枚数はA4判2枚です(英文アブストラクト (約 150words)を含みます)。
  2. 予稿原稿提出はメール添付PDFのみとします。
  3. 予稿原稿締切2021年9月24日(金)事務局必着